Japan Working Group


Mission of the WG

DECT in Japan became available in October, 2011 as an additional technology using 1.9GHz Digital Cordless Telephone band.
Japan WG was founded in February 2012 to promote DECT products and applications in the Japan market.
We made a special J-DECT logo, which can be put on legal products complying with Japanese regulations, have been working with relevant industrial organizations and bodies for deregulation and widening spectrum to cope with growing needs – now several millions of products shipped each year.

Japan Working Group

ジャパンWGのミッション

2011年10月の法改正により、1.9GHz帯のデジタルコードレス電話の新たな技術として 日本国内でDECTが利用できるようになりました。
ジャパンワーキンググループは、日本国内規格に準拠したDECT製品並びに用途の開拓を目的に2012年2月に設立されました。
海外で普及しているDECT製品の日本国内での利用は違法となるため、J-DECTロゴを制定、正規製品の普及にも努めています。
DECTは、広範囲に、音声・ビデオ・データを、低遅延で伝送できる、など他の短距離無線規格と異なるユニークな特徴を備えており、現在では年間数百万台の新たな製品が出荷されています。
今後更なるニーズに応えるためにも 関係機関との折衝を続け、規制の緩和・新たな周波数の割り当てなどに努めてまいります。
ジャパンワーキンググループ代表 森川和彦(日本DSPグループ(株))

Current topics

- Maintain such environment DECT can coexist with Private PHS and sXGP systems using same band.
- Amend regulation so use of DECT2020 now under discussion in ETSI can be adopted in Japan.
- Secure new spectrum in public PHS band which will cease service in 2023.

現状の課題
同一バンドを利用する自営PHS及びsXGPシステムとの共存の担保
現在ETSIで審議中のDECT2020の導入に向けた制度改正
隣接する公衆PHS停波後の新たな周波数割り当ての確保

Why join the WG

- Can retrieve latest news including DECT2020 locally in Japan
- Can directly participate discussions with relevant organs such as MIC

当WGへ参加する利点
DECT2020を初め最新の業界情報をローカルで入手できる
総務省作業班を初め業界団体・組織との折衝に直接参加できる

Twitter

More tweets